リサイクルブームがひとつの契機となって、着物を買い取ってくれ


リサイクルブームがひとつの契機となって、着物を買い取ってくれる専門業者が増えています。ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、もっとも気をつけるべきなのは、買取実績がある業者のふりをして、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの不法な商売をしている場合もあるという事実です。もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、高く買い取ってもらうには何が必要かポイントを探ってみました。そもそも高級な品であることは高値がつく最低条件ですが、それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなどもかなり重要な問題のようです。
ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても査定のときに傷が見つかったら査定額は大幅に下がるようです。金買取の業者って電話でも営業してるんですね。
この前そういう電話がかかってきました。
保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、金買取の話はこれまでになかったので、まずは話を聴いてみることにしたのです。色々と聴いてみたら、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、不要な品を高値で買取してくれるというのです。確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。ブランド買取店で、不要になった商品を売却する時に、用意しておく必要があるものと言えば名前や住所、年齢などが証明できる運転免許証などの、いわゆる身分証明書です。身分証明書が必要な訳ですが、ブランド買取店は古物商なので古物営業法に則って営業しています。
この法律により、店に商品を売りに来る人に対し本人確認をする義務がありますので、そのため本人確認書類を見せるように言われるのです。
所持している人の割合が大きい、運転免許証が使用されることが多いですが、パスポートや健康保険証、それから住基カードでも可能です。
しかし、古物商として、お店としてはまず提示するよう求めてきますから用意しておく必要があります。初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。
買取額だけに注目するのではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を厳しくチェックしてください。少しでも怪しげな点がある店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。買取金額だけが高くても油断はできません。
そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

コメントを残す