切手は紙でできていますから予想以上に破れたり劣化


切手は紙でできていますから予想以上に破れたり劣化したりしやすいものです。
ことさら、高温、湿気によるダメージを受けやすく、高く買い取ってもらうためにもどのように保管するかは大事です。ストックリーフやストックブックを利用して、日の光を避けて保存するようにしてください。
湿気も避けて保管しましょう。
額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、それを売りたいと思ったとき、たとえ使用済みの切手であっても、保管状態がいいか悪いかでいくらで買い取ってもらえるかが決まります。ですから、現状を保ってどんな業者にも認められるようプレミアムな切手を買い取ってもらおうとすれば切手の保管状況はどうなっているか、業者目線で気配りを欠かさないでください。
着物専門の買取業者さんというと、最近では宅配便で対応してくれる業者が多いらしいので、私も貰い物の着物類を手放そうと思います。紬や絣など高価な着物も多いので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、それを掲げている業者さんに査定をお願いするつもりです。長期間にわたって、切手収集を続けている人にとって、業者に売りに出すのは、自分の子との離別のような気持ちになってしまうのかもしれないです。どっちにしろ手離すつもりであれば出来れば高く買い取ってもらえるところへ見つけるのがいいと思います。 そうした方が売りに出される切手にとっても喜ぶだろうと思います。亡くなった父が集めては、飽きず眺めていた切手が相当な数になっているのですが、どうやって手放せば一番いいのでしょうね。
シートでなく、一枚ものも多いので、全部まとめて引き取ってくれるところを見つけられればそれがベストだと思います。
保管状態はいいと思いますので父がきれいにとっておいた切手を、大事にしてくれる方に譲れれば嬉しいです。どれも個性ある切手ばかりですね。

コメントを残す