「さあ切手を買い取ってもらおう」という時、方法は切手買取業者へ


「さあ切手を買い取ってもらおう」という時、方法は切手買取業者へ直接出向いていく方法だけではなく宅配買取という方法もあるのです。
その時、送料を負担してくれる場合や、梱包材まで用意してくれる買取業者も多くあります。けれども、買取してもらう切手が数枚しかないような場合、この限りではありませんので、気を付けましょう。
長い月日に渡って、切手を集め続けている方の立場からすると、買い取ってもらうことは、我が子をどこかへやってしまうくらいの気持ちになってしまうのかもしれません。どちらにしろ別れてしまうのなら、少しでも高価で買い取ってもらえる業者を見つけるのがいいと思います。 手離す切手にとってもその方が、本望だろうと思うからです。
最近はやりの金買取。色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。
鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、適正価格で見積を出してくれますから、郵送買取などと違って安心できます。
どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるショップも増えてきましたので、十分納得のいく金額で買取ってもらえます。
これなら安全だと思いませんか。
高価な貴金属には偽物も付き物であり、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。
素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。
対して、偽物を見抜く方法も色々あります。
磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、たとえ見た目や比重を似せてあっても、簡単に見分けられます。
この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。父の長年のコレクションだった切手が相当な数になっているのですが、処分の方法を教えてもらいたいのです。
きちんとスクラップされていないものも多いので全てまとめて売却できればそれがベストだと思います。
かなり気を遣って保管していたので父と同じ趣味で、同じような切手を集めている方に引き継ぎしたいと思います。改めて見て、いろいろな切手があると思いました。

コメントを残す